Ice crystal case

/ Category - Jewellery case

 

 

氷晶(ice crystal)をモチーフに吹きガラスで制作されたジュエリーケース。氷晶とは小さな氷の結晶を指し、氷晶が結合して発生する雪の美しい自然現象は我々を惹きつけてきた。このジュエリーケースは氷晶の基本となる六角柱が結合するイメージをガラスの六角柱を積むことで表現した。多面体の光の屈折は複雑になり、まるで氷漬けされているかのようにジュエリーを美しく惹き立てる。また実験的にクリアガラスのみで構成したもの、クリアガラスとフロストグラスで構成した2パターン制作した。

> 素材 - ガラス *クリア/フロスト仕上

> 寸法 - Case(S)_W70 D70 H100

    - Case(M)_W70 D70 H170

    - Case(L)_W70 D70 H250

> 生産地 - 富山県

> 作り手 - 内田悠介

 

 

 

 

 

Jewelry case made of blown glass with ice crystals as a motif. Ice crystals are small ice crystals, and the beautiful natural phenomena of snow caused by the combination of ice crystals have attracted us. This jewelry case expresses the image of hexagonal pillars, which are the basis of ice crystals, combined by stacking glass hexagonal pillars. The polyhedron's refraction of light becomes more complex and makes the jewelry look beautiful as if it were frozen. In addition, two patterns consisting of clear glass and frosted glass were produced experimentally.

studio rain

Design, Art Direction

2020-

info@studio-rain.jp

 

© studio rain All rights reserved.