Mirror pocket

/ Category - Wall mirror

 

 

指物の技法により作られた壁掛けミラー。

日本の伝統的な木工技術である「ちぎり」で各板材を接合しており、強度を高めるために角度がついている。ちぎりは明るい色調のメープル材を使用し意匠的に特徴づけた。前面・背面の間は、理美容品等を収納するスペースとして使用すことができる。取付方法は、壁面に受けとなる別パーツをビスを打ち込み固定して、本体背面のパーツを横からスライドすることで壁面に固定する。

> 素材 - オーク, メープル, ガラスミラー

> 寸法 - W180 D122 H219

> 生産地 - 京都府

 

 

 

 

 

An oak wall-mounted mirror made using the technique of fingers.

Each plate is joined by “Chigiri”, a traditional Japanese woodworking technique, and at an angle to increase strength. The tori is designed using a light-colored maple material. The space between the front and back can be used as a space for storing beauty products and the like. As for the mounting method, another part to be received is fixed on the wall by driving a screw, and the part on the back of the main body is fixed to the wall by sliding from the side.

studio rain

Design, Art Direction

2020-

info@studio-rain.jp

 

© studio rain All rights reserved.